調剤薬局事務・資格取得のための通信講座|スクールガイド

調剤報酬請求事務専門士の検定試験について

国の機関により指定登録された協会が実施する、正式に履歴書等に記載できる専門士資格で、
2年に1度の更新制度(有料)により既合格者のレベルの一定化をはかっています

試験名調剤報酬請求事務専門士
資格の種類民間資格
受験資格制限は特になし
試験期日年2回(7月・12月)
試験内容:3級[学科試験] 60分
筆記(30問/択一式)
・接遇
・薬剤の基礎知識
・医療保険制度
・調剤関連法規
・調剤報酬請求
[実技試験] 60分
・レセプト明細書作成
・処方せん3枚(マ−クシ−ト)
(設問箇所の点数をもとめる)
試験内容:2級[学科試験] 60分
筆記(50問/択一式)
・接遇
・薬剤の基礎知識
・医療保険制度
・調剤関連法規
・調剤報酬請求
[実技試験] 60分
・レセプト明細書作成
・処方せん3枚(マ−クシ−ト)
(設問箇所の点数をもとめる)
試験内容:1級[学科試験] 60分
筆記(50問/択一式)
・接遇
・薬剤の基礎知識
・医薬品関連法規
・医療保険制度
・調剤関連法規
・調剤報酬請求
[実技試験] 60分
・処方せん3枚の設問箇所点数をもとめる
(マ−クシ−ト)
・処方せん1枚調剤報酬明細書作成(手書き)
(実際の処方せんから点数算定の判断ができる能力)
合格発表試験実施後1 ヵ月以内に郵送にて通知
受験料1級:5,800円
2級:4,800円/受験会場
8,800円(通信費含む)/FAX受験
3級:7,800円(通信費含む)/FAX受験
受験場所1級:受験会場
2級:受験会場かNTT回線を利用したFAX受験
3級:NTT回線を利用したFAX受験
主催団体調剤報酬請求事務専門士検定協会


ユーキャンの通信講座はコチラ
資格

調剤薬局事務の資格@通信講座|スクール情報メニュー